【広島市佐伯区の整体】雑誌で紹介されたカイロプラクティックレギュレーター

        頭痛・肩こり・腰痛・しびれなら

カイロプラクティックレギュレーター

731-5127 広島市佐伯区五日市7-13-14 
五日市駅より徒歩15分  駐車場あり
12月20日(水)18時までの営業 21日(木)午前中休業 12月29日(金)営業いたします。

「ホームページを見て・・・」とお電話ください

082-942-4407
施術時間
9:00~21:00(受付8:30~18:30)
ご新規様
1日2名様限定 要予約
12月店休日
火曜日 金曜日 第2月曜日

変形性膝関節症

変形性膝関節症は、中高齢者によく起こります。
早い人で30歳過ぎから徐々に関節の変形が始まり、40歳以上の人では約6割の人に関節の変形があるというデータもあります。
それが進行すると軟骨が擦り減った状態になり、関節がぶつかるようになって関節炎を起こし、痛みを引き起こします。
一般的に女性に多く、体重も関連しています。
体重が重い人ほど膝への負担は大きくかかってしまいます。
また、膝を動かす筋肉は太ももについています。
膝を曲げる筋肉は太ももの裏側(ハムストリングス)、膝を伸ばす筋肉(大腿四頭筋)は太ももの前側にあるのですが、一般的に大腿四頭筋のほうが筋力が弱くなりやすいです。
太ももの内側の筋肉(内転筋)外側の筋肉(外側こう筋)があり、内転筋のほうが筋力が弱くなりやすいです。
その結果、筋力のアンバランスが生じてしまい、このアンバランスが膝関節に負担をかけてしまっています。
また、過去に膝を怪我していることが関係する場合があります。
半月板の部分摘出をしている人は、膝関節内部でのクッションが少なくなり、関節同士が擦れ合う状態になっているため、変形性膝関節症になりやすい傾向にあります。
今はほとんど行われていないようですが、以前は「半月板全摘出」という手術も行われていたようです。
関節炎が起こりやすいため、現在はほとんど行われていないようです。

変形性膝関節症の主な症状

●膝の痛み
●体重がかかると膝が痛い
●階段の上り下りが痛い
●長時間歩けない
●膝が曲げることが出来ないため、正座が出来ない
●膝に水がたまり、腫れぼったくなる
●安静にしていても痛みなど

当院のアプローチ

変形性膝関節症の場合、「関節の変形」を戻すことはできません。
多くの場合、痛みを緩和させることは可能です。
変形性膝関節症の場合、関節が接近し関節内部での炎症が起こり、さらには癒着が起きている場合があり、周囲の筋肉を緩め、ゆっくりと関節の動く範囲が広がるよう調整を行います。
また、上半身、骨盤や股関節、足関節のゆがみにより、膝に負担をかけていることもありますので、全身を調整していきます。
しっかりとあなた の体をみさせていただき、最適な施術を行うことで症状緩和を目指します。

お電話でのご予約・お問合せ

082-942-4407

「ホームページを見て・・・」

 とお電話ください

●施術時間 9:00~21:00

 受付時間 8:30~18:30

ご新規様 1日2名様限定 要予約

お問合せ・ご予約

082-942-4407

ご予約はお電話・メールにて受け付けております。
お気軽にご連絡ください。

お客様の声

あきらめていた肩こり・腰痛・頭痛が楽になった !直筆の喜びの声が多数!

当院のご案内

ご予約・お問合せはこちら

082-942-4407

「ホームページを見て・・・」とお電話ください
ご新規様1日2名様限定 要予約

住所

〒731-5127
広島市佐伯区五日市7-13-14

五日市駅から徒歩15分

施術時間

   9:00~21:00
受付 8:30~18:30

営業日カレンダー

黒は営業 赤は休業